Azure Site Recovery

HOME > Microsoft Azure > Azure Site Recovery

Azure Site Recovery

アプリケーションの保護と回復を調整して、災害時回復処理を簡素化します

  • VMの保護とレプリケーションの自動化
  • 影響を与えない復旧計画のテスト
  • リモートでの健康状態の監視
  • 必要な場合の復旧調整
  • カスタマイズ可能な復旧計画
  • Azure へのレプリケーションと Azureでの復旧

Azure Site Recoveryを使用して、物理マシンや仮想マシンのレプリケーションと回復を調整することにより、重要なアプリケーションを保護できます。独自のデータ センターやホスティング サービス プロバイダーをレプリケート先にできるほか、Azureをレプリケート先にして、独自の2次拠点を構成して管理する費用や煩わしさを回避することもできます。

ビジネス継続性/災害対策の課題

Azure Site Recoveryを利用していない場合

設備コスト
遠隔地のデータセンタ設備や高額なストレージ複製装置が必要で高価です。テープバックアップでは復旧時のダウンタイムが長すぎます。
被災時の運用
被災時にいつだれがどのようにして操作しますか?
管理者はいつどこからでも状況を把握し指示を出せる必要があります。
複雑な手順
実際の切り替え作業はだれがどのようにおこないますか?
複数のサーバーの起動や様々な追加の作業を間違いなく短時間で実行する必要があります。

計画の頓挫
従来のソリューションではコストと運用の複雑さから多くは計画時に頓挫しています。

Azure Site Recoveryを利用した場合

最小コスト
Hyper-Vの標準機能と東西日本のAzureデータセンターで柔軟かつ最小のコストでBCDRを実現します
遠隔運用
管理者はいつでもどこからでもAzure管理ポータルから状態を把握しフェールオーバーを開始できます。
手順の自動化
サーバー群の起動順序や復旧手順を自動化するためのさまざまな仕組みをAzure上で提供しています。

従来の課題を解決
大きな初期投資も不要で短期間で導入でき、パブリッククラウドの特徴を最大限に活かしてコスト効果の高いBCDRを実現します。

構成

クラウドを用いて事業継続をサポート

通常時

業務システム環境/ActiveDirectory/etc…/インフラ環境

災害発生時

業務システム環境/ActiveDirectory/etc…/インフラ環境

災害発生

最適なコストで高度の災害対策システムを構築可能

Azure Site Recoveryが提供する機能

  • 仮想マシンのディスクを異なるサイトやAzure上に継続的に差分複製
  • Azure管理ポータルから遠隔管理
  • 被災時の復旧作業の自動化(ワンクリックフェールオーバー)

Hyper-VレプリカやSANストレージのデータ複製技術と連動し、
サイト切り替えを自動化

セカンダリサイトをAzure上に配置することで大幅な
コストダウンと短期間でのBCDRを実現

Azure出張なんでも相談

Azureのことで分からない点は無料出張でお悩みにお応えいたします。
まずはお電話もしくはメールフォームからお問い合わせください。

TEL:0564-87-2050
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00【1営業日以内にご連絡致します。】

Azure Site Recoveryの特長

シンプルな自動化保護

設定と制御を行うポリシーに基づいて、仮想マシンのレプリケーションを自動化することで、ご使用の環境を保護できます。Site Recoveryでは、Hyper-V Replica、System Center、SQL Server AlwaysOn などの既存のテクノロジを統合して、継続中のデータのレプリケーションを調整し、管理します。現在プレビューの段階:Azure Site Recoveryに、災害時復旧サイトとしてAzureを使用してVMware VMや物理サーバーを保護する機能が追加されます。

さらにSite Recoveryでは、NetApp、HP、および EMC などのストレージ ベンダーの SAN複製オプションを統合することによって、障害復旧保護をさらに簡素化し改善することができます。

シンプルな自動化保護

Azureにレプリケートすることで、障害復旧保護をさらに簡素化することができます。それでもサービスが提供するシンプルさ、自動化、カスタマイズ可能な復旧計画、健康状態の監視、復旧調整の恩恵を受けられます。アプリケーションの総合的な保護を妨げる主要な要因の 1つは、災害時回復用セカンダリサイトの確立と維持のコストが高いことです。これで、Azureが障害復旧サイトになります。

継続的な正常性監視

Site Recoveryは、保護されているインスタンスの状態を継続的にAzure からリモートに監視します。制御する 2つのサイト間でレプリケートする場合、仮想マシンのデータとレプリケーションは、使用しているネットワーク上に残ります。Azureとの通信はすべて暗号化されています。セカンダリサイトとして Azureにレプリケートする場合、データは暗号化されます。保留中にデータを暗号化することも選択できます。

調整された回復

このサービスは、プライマリ データセンターでサイト停電時にサービスの回復手順を自動化するのに役立ちます。調整された方法で複数の仮想マシンの立ち上げが実行されるため、複数層の複雑なワークロードの場合もサービス回復を迅速に実行するのに役立ちます。回復計画は、Azure管理ポータルを通じて簡単に作成でき、そこに格納されます。計画は、実際の業務要件に合わせてシンプルなもの、または拡張されたものとすることができます。カスタムWindows PowerShellスクリプトを実行し、途中で手動介入のために中断することも可能です。プライマリ サイトと回復サイトの間で仮想ネットワークをマッピングすることにより、ネットワークのカスタマイズも可能です。この計画は、1次拠点でサービスが中断することなく、好きな時にテストすることができます。

Azure Site Recoveryの5つパターン

① オンプレミスからAzureへのDR

■ オンプレミスのVMMクラウドからAzureに対してレプリケーション

(2014年10月にGA)

■ システム要件

System Center 2012 R2

Windows Server 2012 R2 Hyper-V

ポイント

DR用のセカンダリサイトが不要

レプリケーション先およびフェールオーバー後の仮想マシンの実行環境としてAzureのIaaSを利用

平常時はレプリケーションデータ
のみAzureに保管

フェールオーバー実行後に仮想マシンを作成するため無駄な課金がない

レプリケーション データは暗号化

HTTPSの暗号化+お客様管理の暗号化キーによる

② オンプレミスからオンプレミスへのDR

■ System Center Virtual Machine Manager (VMM) が管理する2拠点間でレプリケーションを構成

■ システム要件

System Center 2012 SP1 以降
Windows Server 2012 以降の Hyper-V

ポイント

復旧計画によるワン クリック フェールオーバー

スクリプトの自動実行をサポート

③ オンプレミスからAzureへのDR

■ オンプレミスの Hyper-V サーバーから Azure に対してレプリケーション

(2014年12月にGA)

■ システム要件

Windows Server 2012 R2 Hyper-V

ポイント

DR用のセカンダリ サイトが不要

レプリケーション先およびフェールオーバー後の仮想マシンの実行環境としてAzure のIaaS を利用

平常時はレプリケーションデータのみAzureに保管

フェールオーバー実行後に仮想マシンを作成するため無駄な課金がない

レプリケーション データは暗号化

HTTPSの暗号化+お客様管理の暗号化キーによる

④ オンプレミスからオンプレミスへのDR (VMware)

VMwareプラットフォームおよび物理サーバー保護のためのDRソリューション

■ システム要件

ゲスト OS
Windows Server 2003 以降 (x86/x64)
RHEL 5/6, CentOS 5/6 (x86/x64)VMware

VMware
Center 5.0 以降/ ESX(i) 4.0 以降

ポイント

異種混在環境の保護に対応

VMwareベースのプライベートクラウドの V2V保護物理マシン (Windowsおよび Linux) のP2V保護

EA (ASR Plan SKU) が必須

InMage Scountのコンポーネント:

Configurationm(CS) レプリケーションの構成と管理のためのポータル

Process Server(PS) UAからデータを受信し、圧縮、暗号化、帯域幅を制御してMTに転送するサーバー

Master Target(MT) データを仮想ハードディスクに同期するサーバー

Unified Agent(UA) 保護対象に展開するWindows/Linuxエージェント

⑤ オンプレミスからオンプレミスへの DR (SAN)

■ ストレージ装置のSANレプリケーション機能とASRによる復旧自動化を組み合わせたソリューション

Hyper-V 2012/2012 R2 +
VMM 2012 R2 with Update Rollup5が必要

■ 対応ストレージパートナー

EMC, NetApp, HP 3PAR, Hitachi

ポイント

Hyper-V レプリカではなく
ストレージ装置の高度なSAN
レプリケーション機能を利用

対応したストレージ製品が必要

Azure出張なんでも相談

Azureのことで分からない点は無料出張でお悩みにお応えいたします。
まずはお電話もしくはメールフォームからお問い合わせください。

TEL:0564-87-2050お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00【1営業日以内にご連絡致します。】