Microsoft Azure

HOME > Microsoft Azure

Microsoft Azureは、マイクロソフトが提供するパブリッククラウドサービスです。データセンターはグローバルに
展開されており、アプリケーションを迅速に作成、配置、管理することができます。アプリケーションの作成には、
.NETだけでなくPHP、Java Python Ruby Node.jsなどのさまざまな言語、ツール、フレームワークを使用できます。
Microsoft Azure上に作成したアプリケーションを社内のシステムと連携、統合させることのほか、Microsoft Azure
の外の環境で実行するアプリケーションのデータを格納するストレージとして利用することも可能です。

Microsoft Azureの基本サービス

  • コンピューティング:クラウドサービス、仮想マシン、Webサイト、モバイルサービス
  • データ管理:SQLデータベース、テーブル、BLOB
  • ネットワーク:仮想ネットワーク、トラフィックマネージャー

Microsoft Azureの特徴

  • グローバルなデータセンター

    世界中に 13 のデータセンター (東日本、西日本の 2か所を含む) と世界規模のコンテンツ配信ネットワークでクラウド サービスを構成

    自己修復 (SLA 月 99.9 % ~ )

    OS やサービスの修正プログラムの自動適用機能、組み込みのネットワーク負荷分散機能、ハードウェア障害に対する修復機能を装備

    仮想ネットワーク

    仮想ネットワークにより、社内データ センターをクラウド に拡張可能、Microsoft Azure と社内システムで実 行されるハイブリッド クラウドにも対応

    リッチアプリケーションサービス

    SDK、キャッシュ、メッセージング、ID など、豊富なアプリケーション サービスのセットを提供

  • ダウンタイムの最小化

    ダウンタイムを発生させることなくアプリケーションをアップグレードできる配置モデルをサポート

    柔軟なリソースと従量課金

    ニーズに合わせて使用リソースを簡単に拡張可能、アプリケーションで使用したリソース分のみ料金をお支払い

    さまざまな言語に対応

    .NET、PHP、Java、Node.js、Python、Ruby などの言語、フレームワーク、コード エディターを使用してアプリケーションを作成可能

    データの格納と分析

    リレーショナル データベース、テーブル、非構造化BLOB ストレージを使用してデータを格納、Hadoopや BI サービスによるデータ分析にも対応

  • 自動化されたセルフサービス

    高度に自動化されたセルフサービス型プラットフォームにより、数分でリソースのプロビジョニングが可能

    エンタープライズ対応

    ISO 27001、SSAE 16、HIPAA BAA、および E.U.Model Clauses 認定 PCI DSS レベル 1 適合の安心のコンプライアンス

    オープン プロトコル対応

    Microsoft Azure の機能やサービスはオープンREST プロトコルを使用して公開

Azure出張なんでも相談

Azureのことで分からない点は無料出張でお悩みにお応えいたします。
まずはお電話もしくはメールフォームからお問い合わせください。

TEL:0564-87-2050 お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00【1営業日以内にご連絡致します。】

Microsoft Azureの主な提供サービス

コンピューティングサービス

  • Cloud Services (PaaS機能)

    多層アプリケーションを迅速に配置および管理可能

    ニーズに合わせた仮想サーバーのスケールアップやスケールアウトが簡単

    .NET/Java/Node.js/Python/PHP/Rubyの言語に対応

    インフラ管理の負荷を削減、お客様はアプリケーションの構築に注力

  • Virtual Machines (IaaS機能)

    WindowsもLinuxも使えるクラウド上の仮想マシン

    既存VHDイメージをクラウド上でそのまま実行、およびギャラリーからの選択が可能 (Windows Server/Linux)

    仮想イメージをカスタマイズして個人用イメージとして保存可能

    永続的にOSおよびアプリケーション データを格納

    既存のアプリケーションのクラウド移行やアプリケーションの開発/テストなどに最適

  • Web Sites

    Web上にサイトを容易に公開するためのサービス

    IIS上でPHPや Node.js、ASP.NETが動作する環境を提供

    オープン ソース アプリケーション

    (WordPress/Drupal/Joomla!/Umbraco 他) をギャラリーから容易にインストール可能

    データベース (SQL Database/MySQL) 20MBを標準で含む (最初の 12か月)

    開発ツール (Visual Studio/Git/FTP/WebMatrix)

    開発プラットフォーム (Windows/Mac/Linux)

    無料から利用可能

  • Mobile Services

    モバイル アプリケーション開発のためのバックエンド サービス

    幅広いプラットフォームに対応 (Windows ストア アプリ、Windows Phone 8、iOS、Android、HTML/JavaScript)

    データ保存、ユーザー認証、プッシュ通知、スケジューラ機能などを提供

データ管理サービス

  • SQL Database

    3つのデータベースに複製

    完全に管理されたリレーショナル データベース (RDBMS)

    SQL Serverで使い慣れたツール、データモデル、ロジック、アクセス手法などを利用可能

    高い可用性と冗長性の提供 (物理的に3重複製) データ移行やエクスポートの機能を提供

  • テーブル

    ストレージアカウントあたり、最大で500TBまでの領域を作成可能

    NOSQL Key-Valueストア

    スキーマを持たないデータにキーによってアクセス

    大量の非構造化データを低コストで格納可能

    RESTおよびAPI経由でアクセス可能

    物理的な3重化によってデータを保護

    異なるデータ センター間でデータを自動的に複製(オプション)

  • BLOBストレージ

    非構造化データのためのストレージ

    テキスト、大量の画像、音声、動画などの大容量ファイルの格納に最適化された低価格なストレージ

    HTTP で任意のアプリケーションからアクセス可能

    物理的な3重化によってデータを保護

    異なるデータ センター間でデータを自動的に複製(オプション)

コンピューティングサービス

  • Virtual Network

    Microsoft Azure を社内ネットワーク上にあるかのように利用可能

    VPNゲートウェイ機器を使用することでMicrosoft Azureと社内の環境をIPSec VPNで結んだネットワーク環境を構成

    接続後は完全に連続したネットワーク環境として利用可能

    社内環境と同じツールで運用管理が可能

  • Traffic Manager

    複数のサービスやデータセンターにトラフィックを分散して
    パフォーマンスを向上

    利用者は単一のアクセス ポイント (URL) を参照

    「パフォーマンス」「フェールオーバー」「ラウンドロビン」の3種類の負荷分散方法をサポート

Azure出張なんでも相談

Azureのことで分からない点は無料出張でお悩みにお応えいたします。
まずはお電話もしくはメールフォームからお問い合わせください。

TEL:0564-87-2050 お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00【1営業日以内にご連絡致します。】

Microsoft Azureの購入方法

選べるお申込み方法

オンラインでのお申込み時に選択できる購入プラン

従量課金プラン

使用した分のみ課金

初期費用が不要

いつでもキャンセル可能

長期の契約必要なし

Microsoft Partner Network プログラムのメンバー向けプログラム無償枠付き

毎月Azureのクレジットは受け取り可能

クレジットの使い方はお客様次第

未使用クレジットの持ち越しはできません。また、他のサブスクリプションに移行することはできません。

月間使用量がプランに含まれる毎月のクレジット額を超える場合、従量課金料金が課金されます。

Azureクレジットは、Azureのサポートプラン、サードパーティ製の製品、Marketplaceまたはストアで販売されている製品、Azuretohaとは別に販売されている製品(Microsoft Azure Active Directory Premiumなど)の購入にはお使いいただけません。

事前に請求書払いが認証されていない限り、クレジットカードまたはデビットカードに限定されます。
プリペイドカードおよびバーチャルクレジットカードのお支払いは受け付けておりません。

パートナー ネットワーク向けプラン無償枠付き

Microsoft Partner Network Cloud Essentials プログラムの
メンバーの特典として提供

毎月 10,500 円分のクレジットを利用可能

未使用クレジットの持ち越しはできません。

毎月のクレジット額を超える使用分は、従量課金の料金で課金されます。

他の Microsoft Azure サブスクリプションに移行することはできません。

MSDN サブスクライバー向けプラン無償枠付き

Visual Studio with MSDN および MSDN Platforms
サブスクライバーの特典として提供

1 か月あたり最大 15,500 円のクレジットを獲得可能

未使用クレジットの持ち越しはできません。

月々の Azure クレジット額の上限まで、無料でご利用いただけます。料金が月々のクレジット額を超えた場合、その月のサービスは無効になります。使用制限をオフにすることもできます。その場合は、月々のクレジットを超える各月のご利用分について、このプランで指定された料金が適用されます。

販売代理店経由で書面(ボリューム ライセンス) によるお申し込み

マイクロソフトの販売代理店を通してボリューム ライセンスを契約し、Microsoft Azure の利用をお申し込みいただく方法です。
ボリューム ライセンスの Server & Cloud Enrollment (SCE) またはオープンライセンスで購入いただけます。

SCE

Server & Cloud Enrollment (t SCE) の場合、年次請求(プリペイド)のお支払い方法で超過分は4半期ごとに請求となります。

オープンライセンス

オープンライセンスでは、Azureを100ドル分(10,200円分)※を利用できるプリペイドトークンを購入できます。例えば、5万円分利用したい場合は、5ライセンスを購入します。トークンの有効期間はサブスクリプションの有効化から12月末まで未使用分の繰越はできません。

サービス別Q&A

Microsoft Azure の仮想マシンで実行している Windows Server イメージに接続するのに Windows Server CAL は必要ですか?

いいえ。Microsoft Azure 環境で実行している Windows Server にアクセスするためのアクセス権は仮想マシンの分単位の料金に含まれているため、Windows Server CAL は必要ありません。(VHD かどうかに関係なく) オンプレミスで Windows Server を使用する場合は、別途ライセンスを取得する必要があり、ソフトウェアをオンプレミスで使用するための標準ライセンス要件に従うものとします。

Windows Server はライセンス モビリティに含まれませんが、お客様はアプリケーションやミドルウェアを含む独自のイメージを
Windows Server 上に配置できますか?

Windows Server はライセンス モビリティに含まれておりませんが、ボリューム ライセンスのお客様は Windows Server を含む独自のイメージを、該当する別製品のライセンス モビリティの一部としてイメージを配置する場合に限り、Microsoft Azure にアップロードできます。そのようなインスタンスにつきましては、該当するWindows Server 仮想マシンの料金で請求いたします。イメージに含まれるアプリケーションやミドルウェアの適切なライセンスを取得することはお客様の責任です。

Microsoft Azure で実行している Windows Server 2012 のインスタンスを管理する場合の System Center のライセンス要件を教えてください。

ソフトウェア アシュアランスのライセンス モビリティ特典を利用して、System Center 2012 のライセンスを Microsoft Azure で実行している Windows Server インスタンスに割り当てることができます。System Center Standard ライセンスを使用すると、2 つの仮想マシンインスタンスを管理でき、System Center Datacenter ライセンスを使用すると、8 つの仮想マシンインスタンスを管理できます。Microsoft Azure での System Center 2012 の価格とライセンスの概要については、ライセンス データシート (PDF) をご覧ください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=299855&clcid=0x411

仮想マシン インスタンスの料金には、仮想マシンで実行されているイメージに関連したストレージのコストは含まれていますか?

仮想マシン インスタンスの料金には、仮想マシンで実行されているイメージに関連したストレージのコストは含まれていません。

サービス プロバイダーは、RDS (リモート デスクトップ サービス、以前のターミナル サービス) を利用して、
Microsoft Azure でセッション ベースのホスティングを使用したクラウド ベースのサービスを構築できますか?

はい。サービス プロバイダーは、サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) のリセラーを通じて RDS SAL (サブスクライバー アクセス ライセンス) を取得していれば、Microsoft Azure で実行される RDS を利用したホステッド ソリューションを提供できます。

仮想マシンを正しく停止したこと、また仮想マシンの請求が発生しないことを確認する方法はありますか?

お客様の仮想マシンの状態は、[仮想マシン] タブ、または仮想マシンのダッシュボードで確認できます。仮想マシンの状態が [停止済み] の場合は、引き続き請求されます。[停止済み (割り当て解除済み)] の状態の場合のみ、仮想マシンの請求が発生していないことを意味します。例えば仮想マシンが Windows の電源オプションを使用して停止した場合は請求が発生します。仮想マシンが管理ポータルから停止された場合は請求は発生しません。

MSDN Azure の特典のサブスクリプションを持っています。月々の Azure クレジットを Oracle ソフトウェアの購入に使用できますか?

いいえ、MSDN の特典での Azure クレジットは、Oracle ソフトウェアには適用されません。MSDN Azure の特典のサブスクリプションで Oracle ソフトウェアを購入するには、¥ 0 の使用制限をオフにして、通常の従量課金制の料金で支払う必要があります。そうしないと、Oracle の使用量が ¥ 0 の使用制限を超過し、サブスクリプションがすぐに無効になります。

MPN Azure サブスクリプションを持っています。月々の Azure クレジットを Oracle ソフトウェアの購入に使用できますか?

いいえ、MPN の特典での Azure クレジットは、Oracle ソフトウェアには適用されません。MPN Azure のサブスクリプションで Oracle ソフトウェアの使用量を 購入するには、¥ 0 の使用制限をオフにして、通常の従量課金制の料金で支払う必要があります。そうしないと、Oracle の使用量が ¥ 0 の使用制限を超過し、 サブスクリプションがすぐに無効になります。

仮想マシンで Azure SQL Database と SQL Server をどのように使い分ければよいですか?

既存のアプリケーションまたはワークロードを単にクラウドに移行したい場合は、Virtual Machines で SQL Server を使用すると、クラウドの利点を手軽に活用できます。クラウドで実行する新しいリレーショナル アプリケーションの導入とビルドを検討している場合や、内部設置型アプリケーションの一部をクラウドに拡張したい場合は、長期的に見て SQL Database が最良のソリューションと言えます。Virtual Machines で SQL Database と SQL Server を使用すると、開発者はビジネスニーズの変化や展開に合わせて、一般的なツールやテクノロジでアプリケーションを内部設置型に移動したり、クラウドに戻したりすることができます。

SQL Server 2012 Standard Edition には SQL Server 2012 Web Edition と比べてどのような利点がありますか?

SQL Server 2012 Standard Edition には SQL Server 2012 Web Edition と比べて、いくつかの利点があります。たとえば、Standard Edition では、強力な SQL Server Analysis Services を実行したり、フェールオーバー クラスタリングやデータベース ミラーリング、バックアップ圧縮などの高可用性シナリオに対応することができます。

停止状態の Websites に対して課金は発生しますか?

はい。リストされている料金は停止状態の Websites インスタンスにも適用されます。課金が発生しないようにするには、使用していない Websites インスタンスを削除するか、レベルを Free に更新してください。

カスタム ドメインに対して SSL 証明書が提供されますか?

いいえ。カスタム ドメインの SSL 接続では、Web サイトで使用する独自の SSL 証明書を追加する機能が有効になります。自己署名された証明書、およびサードパーティ機関による証明書の両方がサポートされます。

複数の SSL 証明書がサポートされますか?

はい。ただし、各証明書の SSL 接続は個別に課金されます。さらに、1 つの SSL 証明書で複数のドメインを保護できる SAN/UC 証明書もサポートされています。

既定の 'azurewebsites.net' ドメインに対して SSL 接続が提供されますか?

はい。Web サイトでは、'azurewebsites.net' ドメインのすべての URL に対して追加の料金なしで SSL 接続を提供しています。Web サイト (https://<mysite>.azurewebsites.net) に安全にアクセスできます。

Web Edition、Business Edition

月に数日間のみデータベースを展開した場合、
料金は日割りされますか?

はい。データベース料金は日割り計算されます。たとえば、1 GB のデータベースを 1 日使用し、翌日は 10 GB に増え、2 日目の終わりまでにデータベースを削除した場合、料金は (¥ 1,018.98 + ¥ 4,687.31)/31 = ¥183.60となります。

データベースのサイズが 1.4 GB の場合、
1 GB と 2 GB のどちらの料金が課金されますか?

データベースのサイズは、超過した GB 分は切り上げられます。この例では、2 GB 分のデータベースの料金が課金されます。

Basic、Standard、Premium

Basic、Standard、または Premium のデータベースの使用量は、
請求書にどのように表示されますか。

Basic、Standard、および Premium のいずれも、請求書にはエディションおよびパフォーマンス レベルに応じて定額で予測可能な料金 (日額) が表示されます。また、請求書では各パフォーマンス レベル (Basic、S1、P2 など) の内訳が記載されるため、パフォーマンス レベルごとに 1 か月間に発生したデータベース日数が簡単に把握できます。

データベースがアクティブであった期間が 1 日を下回った場合には
どうなりますか?

料金はデータベースが存在した日ごとに定額が請求されます。使用量や、データベースがアクティブであった期間が 1 日を下回ったかどうかは関係ありません。たとえば、データベースを 1 つ作成し、5 分後に削除した場合には、1 データベース日分の料金が請求されます。データベースを削除してから、再度同じ名前の別のデータベースを作成した場合には、その日について 2 つのデータベースの料金が別々に請求されます。

Standard または Premium のデータベースのパフォーマンス レベルを
変更するにはどうしたら良いですか?

Standard または Premium のデータベースに必要なパフォーマンスを変更するときは、Azure の管理ポータルで、データベースの [スケール] タブを使用してパフォーマンス レベルを設定します。

Basic、Standard、および Premium のデータベースはそれぞれ、
どのようにプロビジョニングするのでしょうか?

Basic、Standard、Premium の各データベースは、どのサーバーにも作成できます。Web Edition と Business Edition を含め、任意のエディション間でデータベースをアップグレードまたはダウングレードできます。その間、データベースをオフラインにする必要はありません。Premium データベースは、サーバー 1 台あたり 2 つまでというクォータが設定されています。クォータの追加が必要な場合は、カスタマー サポートにお問い合わせください。

ストレージを月に数日間のみ使用した場合、
料金は日割りされますか?

はい。ストレージ容量は、1 か月にわたり、保存されていたデータ量の 1 日あたりの平均 (GB) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 10 GB のストレージを常に使用し、後半は使用しなかった場合は、ストレージの平均使用量の 5 GB が課金されます。

仮想マシンに空の 100 GB ディスクを接続した場合、100 GB 全体に対する料金が
請求されますか?それとも使用したストレージ領域の分だけが請求されますか?

割り当てた量に関係なく、ページ BLOB で使用されるストレージ領域に対してのみ課金されます。VHD はページ BLOB として格納されるため、格納または使用しているデータに対してのみ課金されます。請求サイクルの間に保存した平均データ量に基づいて、段階的に課金されます。

1 時間に満たない場合でも、1 時間分が課金されますか?

はい。1 時間に満たない時間は、1 時間分として課金されます。

VPN 接続を使用したデータ転送は、別途課金されますか?

はい。VPN 接続を使用したデータ転送は、標準のデータ転送料金が別途課金されます。

同じリージョン内の Microsoft Azure サービス間でデータを転送した場合、課金されますか?

いいえ。たとえば、同じリージョン内の Microsoft Azure SQL データベースを利用した場合は、データ転送の料金が追加請求されることはありません。

別々のリージョンにある Microsoft Azure サービス間で
データを転送した場合、課金されますか?

はい。送信データ転送は標準料金が課金されますが、受信データ転送は無料です。

Backup を月に数日間のみ使用した場合、
料金は日割りされますか?

請求対象となるストレージ量は、圧縮率と保持されているバックアップの数によって決まります。バックアップ ストレージの料金は、日割りで計算されます。たとえば、月の前半に一貫して 10 GB のストレージを使用し、後半では使用しなかった場合は、保存されていた圧縮データの 1 日あたりの平均使用量は 5 GB です。各月の最初の 5 GB 分は無料なため、その月の請求額は ¥ 143 (5 x ¥ 28.56) となります。

課金される GB 数は、オンプレミス サーバーにバックアップするデータ量とまったく同じになりますか?

いいえ。圧縮率、データが変更される割合、サービス内に維持するバックアップ コピーの数を含み、これに限定されないさまざまな要素が Backup サービスで使用するストレージ量に影響を及ぼします。

エンコード用の占有ユニットを使用する場合、
GB あたりのデータ処理料金を支払う必要がありますか?

はい、占有ユニットの料金とは別にデータ処理料金が課金されます。

エンコード用の複数の占有ユニットを購入できますか?

はい、エンコード タスク用の複数の占有ユニットを購入できます。

占有ユニットの使用期間が 1 か月未満の場合、
1 か月分課金されますか?

いいえ、占有ユニットの料金は日割り計算されます。

オンデマンド ストリーミング用の複数の占有ユニットを購入できますか?

はい、コンテンツ ストリーミング用の複数の占有ユニットを購入できます。

1 日のうち数時間は占有ユニットを 2 個使用し、残りの時間は
占有ユニットを 4 個使用する場合、どのように課金されますか?

1 日ごとにプロビジョニングされる占有ユニットの最大数に基づいて課金されます。この例では、その日の 4 個の占有ユニットに対して課金されます。

ストリーミング コンテンツ用に CDN を使用する場合、
別途課金されますか?

はい、CDN の使用量分に関しては別途課金されます。

Azure出張なんでも相談

Azureのことで分からない点は無料出張でお悩みにお応えいたします。
まずはお電話もしくはメールフォームからお問い合わせください。

TEL:0564-87-2050 お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00【1営業日以内にご連絡致します。】